自分の目で確かめて

愛おしい。もんちゃん。

元気になってほしい。

14歳。寝てばかりですね。

もんちゃん大好きだよって言うと
寝ながら、しっぽが上がるんです。
ちゃんとお返事してくれて
ありがとう。

寂聴さん。

大好きな方が亡くなった(涙)

寂聴さんの言葉。

抱きしめてあげて
おもいっきり泣きなさい

本当に苦しんでいる子どもに
いろんな理屈を言っても駄目。
まずは、子どもを抱きしめてやることが
大切なんです。

人からの伝言の言葉より
目の前の本人の心を視ると本当の姿が分かります。

自分の目で確かめる。
そう、どんな事も自分で確かめよう。

傷付くけど
納得するのは大事だよね。

51歳で出家。
煩悩を捨てる。捨てるから入ってくるんです。
何を目指すのか。
何をしたいのか。
好きな事を好きだと言い
罵声を浴びせられても生きてきて
51歳で出家しなければ
20年は早く死んでると自己分析。
出家をする事で
心の糧になったんだと思います。
的確だし、分かりやすい実行で
迷っている
みなさんに勇気を与えたと思います。

寂聴さん、出家して三代欲求の中での
煩悩を捨てたのは、寂聴さんにとって
1番難しい性欲だけでしたが
食欲、睡眠欲はあり、人間らしい生活が
送れて、素晴らしい老後だったって思います。

世間の方に怒られるかもしれないけど
若い時に、正直に恋愛して
相思相愛であり…

私としては他人事なんですが
自分に気がなくて
相手が自分の事を大好きで
相手に気がなくて
自分が相手の事を大好きで
そんな空気感での虚しさなどがなく
正直にぶつかって一瞬でも
燃え上がった恋をして
生きてこれた寂聴さんは
ある意味、正直ですごいなと思う。

だから、それが良いとかではなくて
しあわせな一瞬があったんだなって
思うな。

誰もが出来ない人生だって思う。

    前の記事

    様子観察

    次の記事

    手の温かみと同じ