開発した先生

はじめて手にした時、
ふわぁっと感じるものがあって、
例えれば、深い深い海の底、海洋深層水の様な
感じの圧力がありました。

次第に慣れてきて
何も、感じなくなりますが、
開発した先生は、どの様な気持ちで
作られたんだろうかと、考える時がありました。

例えば、これを持っていると良い事があるよ。
とかじゃないんだと思います。

これを置きさえすれば、
家族一瞬にして、平安になるよ。
それも違うと思います。

ざわついた心を清めてくれるよ。
まぁ、それに近いといえば、そうかもしれません。

開発した先生は右側。

本来なら、物はいらない。

自分に光があるんだと教えていただきました。

物に頼らなくてもいい自分。

弱って弱って力が落ちた時のお守り。

本来なら、人間がそこにいるだけで、

部屋全体の光になるんです。

多分…その時に、この水色は、目に入らない。

そう思います。

その方が、というよりも、

一度は、頼ってみる。

次は、自分が、そこに、目を向けずに、

良い方向に持っていけば

良いかなと思います。

先生も、この頃は、お若いです。

父や母も、いずれ、居なくなります。

みんな、

消費期限みたいに、期限付きですからね。

物に頼らない様に、先生は、

期限付きにしたんじゃないかな。

繰り返し、商品を買う様では、ワナにかかります。

例えば、買えない時、中身の水は、畑に撒いて。

お水を入れ替えて、満月の日に🌕

ムーンウォーターとして浴びさせて、

その次の日までに

飲用することで、トゲのない、

まろやかなお水を、飲む事が出来ます。

パワーが欲しい時は、太陽の光を浴

びさせて、それをその日のうちに頂きます。

いくらか、身体が、エネルギーを感じれば、

それで…みんな平等に

お金は、かかりません。昔は、そうだった。

これからの時代、お金、大切だと思います。

3年経って、もう1つ、買いますか…?

多分ですが、

私なら、娘と旅行に行きます✈️

    前の記事

    おやすみなさい

    次の記事

    これが、結果