自分という神様

眠れないので文字を打ちたいと思います。
昨日、倉敷のお友達とお電話で
話をしていました。
引越しした時に、封筒みたいなのに
昨年から水栽培していた月桃を入れて
数日放置していたそうです。
忘れた訳ではなくて、お引越しで忙しかったんですね。
気になりながらも数日お水も与えずに放置。
沖縄の月桃なんですが、水栽培の時に
十分なエネルギーを与えていたらしく
(特殊なお水。海洋深層水みたいな
シリカとかも入ったお水)
放置期間が長くても枯れてなかったそうです。
熊の冬眠みたいですね(笑)

そのぐらい、月桃は強い植物🪴です。
川副町の方も、沖縄からの月桃を育てて
おられます。
タネも撒いてないのに、勝手にそこら辺に
自生してるんですよ。

私にお茶を作ってくれたんですが(嬉しい)
その手間隙かけて
私に作ってくれたその心が
神様(人間)が成せる技だって思うんです。
自分の意思で作ってくれたんですよね。

お茶の作り方は、炒ってお粉にするんですが
炒る時間がかかりますし、火から離れられません。
お湯を入れた途端に
すごく良い香りですよ。癒されます。

来週、又伺います☺️楽しみで仕方ありません。

今日はカレーのテイクアウトしました。
お仕事が延長したので
楽する事にしました。これも自分の意思で。

シズちゃんおやすみ😘大好きだよ。又明日遊ぼうね。

猫さんも、神様ですよね。
人間も同じですよね。

シズちゃんは、自分が決めて私の所に
来たんですね。
神様自身がシズちゃんとしたら
シズちゃんが決めて藤井家に来たんじゃないかな。

神様が選んで、私に決めたというより
だいたい、神様自体が自己所有ではないから
貴方だけの話を聞くなんていうのが
ない気がするんですね。
はい。

大事な人との別れが
神様が決めたりしたんなら大変ですがな。
すべて自分の意思じゃなかろうか。

そんな事が通るなら
不可思議な世の中です。

再度おやすみなさい😴

    前の記事

    秦さんの曲を聴きながら

    次の記事

    自然な無の形