寄り添い

想念は実現の母

何回も何回も聞きました。
引き寄せとは違います。

多分ですが何でも生み出してしまう感じでしょうか。

言ったこと
思った事、おそろしいぐらい
実現してしまうんだと思います。

海に行きたいな…

3日後にたまたま海に行けた…

行くつもりなかったのに…

それは、ただの引き寄せで

引き寄せたい…という欲求がたまたま

偶然、そこにあって

引き寄せたいという気持ちが

ハッピー、ラッキーな形で

ただ単なる重なった。

お菓子が欲しい

たまたま家に帰ったらあった。

よく、あるある話しですね。

だけど
想念というのは

運命まで左右する気がするんです。

本当の芯をついてるので

あまり、好きな言葉ではないですね。

先輩が、ハッピーという事を言うのは

しあわせじゃないからだよと

言ったのを昔は頷いたんですが

それも、最近は、違う気がする。

ハッピーといえば、もしかすると

しあわせなんだって気がするのかも

しれない。

その気持ちが、その人が

生きていく上で必要なのかも

しれないです。

そうであれば、大事かもしれません。

僧侶が消え逝くご縁と表現して

しあわせは、都合良すぎないかな。

相手は、ダメージがあってるんです。

相手の幸せを願うのが、お坊さんです。

どんなご縁の方も、あなたは

その軌跡の上で、歩んでるんです。

なぜ、僧侶になりたかったのかな。

神様から選ばれてないと
高層に会う事は出来ないとありました。

疑問だらけです。

神は
人を選んだりするかな。
この人は、良い、悪いとかは
ないんじゃないかな。

選んでるのは自分。その自分。我。

    前の記事

    最近はこんなごはん

    次の記事

    ありがとう