バセドウ病眼症の事

参考になればな…と思って書いてます。

2016年、目に違和感があって
総合病院にて、手術。その後も違和感が
あって、再診察。

たまたま主人の父が入院している病院に
通っていた時でした。
疲れのせいかふらふらするもので
時間を見つけて、私も主人の父がお世話に
なっている大きな外科病院で
診察を受けてみました。

更年期だと我慢していたのですが
甲状腺の異常が見つかりました。

目に、違和感があって
骨が傷み始めていた時期だったんです。
目の調子がずっと悪くて
目の見開きだけでも大変でした。

時間を作って、ずっと気になっていた
痛みと違和感を
形成外科で診ていただいたんです。

臨時で、たまたま
佐賀医大の先生(女性)でした。
私を診るなり
これは、科が違いますよ。と
バセドウではないかと指摘されました。

違う所に回されて
造影剤を入れての検査をしました。
あちこちに腫瘍の影がありました(汗)

専門病院に紹介状をいただきました。

2017年
専門病院から、更に甲状腺の専門の眼科を
紹介されて(福岡の皆良田眼科)
診せた所、手遅れだと言われて
途方に暮れたのです。
ステロイドも
効かない状況でした。

皆良田先生の連帯によって
すぐに、愛知医科大学病院、柿崎医師を
紹介していただきました。
紹介状持って名古屋まで行きました。
皆良田先生には、感謝しかありません。

名古屋まで…
恥ずかしい話なのですが
新幹線乗るのは、高校生以来でした。
どうやって名古屋までいけば
いいんだろうと…そちらの方が緊張しました。

愛知医科大学病院では、担当が
教授の柿崎医師でした。
遠く佐賀から
藤井さんは、ラッキーな方ですねと
看護師さんから言われました。
素晴らしい医師との話でした。

私はどこまでも運が良いんですね。

画像は
手術前の私ですね。
光が眩しいんです。針を刺したように
痛みました。
目が見開いたまま乾燥するので
生体水で常に保湿していました。

https://koujosen.jp/graves/360

この続きは明日。

おやすみなさい😘

前の記事

集まる

次の記事

組み合わせ