2020年04月05日

日曜日

朝ごはん。
簡単に済ませて日曜日もお仕事。

IMG_2240.JPG


食事後に酵素。
お客様がプレゼントしてくれて
有り難くいただいています♪

20200405082506_IMG_2242.JPG


これは沖縄黒糖のミントです。
沖縄でこれにハマってしまい
後味がスーッとして美味しい。
これも、いただいたものです。
いつも、お心遣いいただいてありがとうございます。

20200405082508_IMG_2243.JPG


家族みんな日曜日もお仕事です。
良い1日を過ごして下さい。

IMG_2241.JPG
iPhoneから送信

今日の斉藤さんからの言葉に共感。

みんなで良い方向に共鳴し合いたいです。


共鳴理論

生物学者であり、英国王立協会会員でもある
ルパート・シェルドレイクが、インドでの精神体験を経て
形態形成場仮説を発表したのは、1971年のこと
(邦題『生命のニューサイエンス』)。

要約すると「直接的な接触がなくとも、
ある人や物に起きたことが他の人や物に伝播する」という。

あらゆるシステムの形態(行動や思考も含む)は、
過去に存在した同じような形態の影響を受け、
過去と同じような形態を受け継ぐ。

また離れた場所に起こった一方の出来事が、
他方の出来事に影響する。
つまり、あらゆる形態には、
時間や空間を超えた「共鳴」が起こるとする。

例えばネズミの学習速度。
1匹のネズミがある新しい行動パターンを身につけたとする。
すると、その後に生まれる同種のネズミ
(同様な条件下で育ったもの)は、どれも、
この行動パターンを以前よりすばやく学習する傾向を持つ。

はじめに学習するネズミの数が多いほど、この傾向は強まる。
したがって次のようなことが起こる。

ロンドンの実験室で、1000匹のネズミをある
新しい課題を行うように訓練すると、
世界中のどこの実験室のネズミも、同じ課題をより速く、
たやすくこなせるようになる。





思いは伝わります。良くも悪くもです。

しかし
「私たち家族は感染しないだろう」
そう思いは、裏切られて
その言葉は共鳴しないかもしれない

1人でも、外れた思いがあるならば
そちらの影響力が強いような気がします

わたしも数週間前ぐらいは
普通の日常で、母を連れて買物に
出掛けていました。

感染しないだろうから、普通の日常を過ごして
大丈夫…その見通しの甘さが
大変な事になると思います。

最終的には、今の増え続ける状態を
避けることの方が難しくなります

何事でも同じ事で…。。
正しいことをしようとするのを
我で阻止するのが人間です。

欲望が止められないことは
人間の1つの真理なんだろうな
人間は、多分、余程の強い意思がない限り
欲望を抑えきれない。。。
だから、人間であって
それが結果的に個人の失敗や
社会の混乱を招いてしまうのかもしれないです。

人間の弱さが、間違いを起こすんだと思います。
失敗を繰り返さないように…

心を一つにして。静かに待ちましょう。

STAY HOME
posted by エバープラス at 16:42