2019年04月17日

2年半前

頭痛がひどいのは更年期だから
ずっと思い込みで鎮痛剤ばかりを
飲んでいました。
2年半前に、ずっと熱が下がらずに
身体がしんどい。
目の骨…というか…周辺が痛いので
形成外科に行きました。

形成外科の先生が、わたしの昔の写真を
見せて下さいって言うんです。

たまたま携帯にありましたので
見せてみると、すぐに検査したいと
話されました。
目が突出してるのに気付きませんでしたか?
と言われました。
不思議なんですが、形成外科の先生が
病気を見つけてくれました。

すぐに手術を勧められました。
IMG_9111.JPG
iPhoneから送信

病気の内容は言えないのですが
まれな病気だと聞いてます。
ほっておけば視力に影響を与えるので
日々、慎重に過ごしています。

バセドウも患っていて
とにかく長い期間闘わないといけないみたいで
一喜一憂する病気だと聞いています。
人生を考えることにしました。

いつもより元気…みたいに見えます。
バセドウ病は甲状腺ホルモンが必要以上に作られる病気。
甲状腺ホルモンは「元気のもと」と言われ
分泌が過剰になると新陳代謝が活発になり
一時的に「元気になる」感じがします。
しかし、エネルギーを過剰に浪費していて
動悸や不眠といった症状も出るため疲れやすくなります。
甲状腺が腫れる(腫大)、眼球が飛び出したようになる(眼球突出)
という症状でした。


バセドウ病では甲状腺ホルモンが過剰につくられるため
新陳代謝が盛んになり、様々な症状を引き起こします。
バセドウ病では、以下のような症状が現れます。

暑がり、疲れやすい、だるい
目つきがきつい、眼球突出、複視、甲状腺腫大
イライラ感、落ち着かない、集中力低下、
不眠・甲状腺が腫れる、発汗、脱毛、痒み
コレステロール低下、血糖上昇、血圧上昇、肝障害
脱力感、筋力低下、骨粗鬆症、手足の震え
動悸、頻脈、心房細動、心不全、むくみ、息切れ など

わたしはすべてが適合してしまい
不眠と動悸が1番の悩みでした。

今は、だいぶん落ち着いて来ました。
手足の震えがある時は、料理する時に包丁が
持てませんでしたので、キッチンハサミ✂を
使いました。
治療法は、キツイ薬で慣れなくて
途中から漢方に切り替えました。
ゆっくりといい感じです。

話したりするのは一日中大丈夫です。
お部屋で過ごすのも大丈夫です。
ある程度運動も出来ます。

精神的な安定が一番必要みたいで
ストレスから何らかの原因で
痛みとなります。
鎮痛剤もあまり効かないので苦労します( ̄▽ ̄;)

おやすみが多くてご迷惑をお掛けしますが
お電話にてメッセージを送って下さい。

水、木、金はなるだけサロンにいます。

迷惑ばかりかけて申し訳ありません🙇
posted by エバープラス at 19:50