2018年03月13日

心の中

日本の心身医学、心療内科の基礎を築いた
草分け的な日本の医学者。池見 酉次郎先生。

私はこの方の本を一年半前に何回も何回も
読みました。

私は幼い時に、脳炎を発症し意識不明になりました。
後遺症は免れない状況でした。
夜中の事でしたから朝までほっておけば
命はありませんでした。母の機転で夜中に
救急病院に運ばれました。

西洋医学も必要な時があります。

しっかり治って、回復期には、心の手当が
必要だと感じます。

http://h-kishi.sakura.ne.jp/kokoro-107.htm

20180313184001_IMG_0014.JPG


福岡の伊藤先生は、池見先生が師匠で
九州大学の心療内科の先生でした。
心に響く言葉をたくさんくれます。

心の目で視る。
自分の中のものを信じ、自分を大切にする事で
すでにしあわせで…。
先生は、仏教も学びましたが
いろいろな形式はしません。
自分を信じ自分を大切に…それが感じられます

否定も肯定もしません

あなたがあなたでいればいい

あなたがどうしたいか。

どう生きたいか。

過去を振り返っても無駄だと誰もが気付けば

前進します。

帰り際、先生が

ねぇ、どうしたいの?
物言わないからイライラするなぁ。って(笑)

決めることも大事なのかな?

天野先生も、そう言われた

今、決める…。

何を?

あなたの使命は?

そう言われた。

伊藤先生も

今、どうしたいの?

決めようよ。

なんか同じ事言われた(笑)

最近不思議な感じ。
posted by エバープラス at 18:40